自己破産相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

任意整理のメリットとデメリットを知って利用するか検討しよう!

任意整理メリット・デメリット

 

任意整理がどんな手続き方法なのかを知るには、任意整理のメリットとデメリットを把握するのとが一番手っ取り早いと思います。

 

メリットとデメリットを把握すればおおよそはどんな手続き方法なのか理解することができると思います。また任意整理が自分にとって必要な債務整理方法なのかの判断もできると思います。

 

ここでは私なりに任意整理について感じるメリットとデメリットをまとめているので、これから任意整理の利用を検討しているなら参考になると思います。

 

ちなみにここでは債務整理全般に共通するデメリットやデメリットは除外しています。あくまでも任意整理に生じる単独でのメリットとデメリットについて説明しています。任意整理を含めた債務整理全般に共通するメリットとデメリットはこちらを参考にしてください。

 

参照:債務整理に共通するメリット・デメリット

 

任意整理のメリット

任意整理メリット

 

任意整理を利用して借金を整理することでどのようなメリットがあるのかまとめてみました。これから任意整理を検討しているなら参考になると思います。

 

任意整理のメリット
  • 借金の利息を免除することできる
  • 毎月の返済額を小さくすることができる
  • 借金理由が問われない
  • 資産を残したままで手続きできる
  • 家族に内緒で借金を減らせる
  • 整理する借金対象を選べる

 

任意整理は借金の利息を免除することによって、返済期間を延ばしたとしても利息による負担増をすることなく返済期間を延ばすことができるため、月々の返済額を小さく抑えることができます。そのため借金に利息が大きい場合に特におススメの手続き方法です。

 

また任意整理は借金の理由が問われないので、ギャンブルや浪費などで借金を作ってしまった場合でも任意整理を利用することで返済負担を軽くすることができます。

 

さらに任意整理は自己破産とは違って、自動車や持ち家などの高額資産があっても、これらの資産はそのまま残したままで手続することができるので、生活環境を変えずに手続きすることができるというメリットもあります。また生活環境を変えずに手続きすることができるので家族に内緒で任意整理することも可能です。

 

任意整理は裁判所が関係してこない債務整理方法ということもあり、裁判所からの連絡などによって手続きのことがバレる心配がないので、他の債務整理方法と比べると手続きがバレる可能性が小さいです。

 

他にも任意整理は整理する借金対象を選ぶことができるので、例えば現在利用している自動車の自動車ローンなどがあったとしても、自動車ローンを除外することで自動車を手元に残すことも可能です。

任意整理のデメリット

任意整理デメリット

 

任意整理を利用するデメリットについて簡単にまとめてみました。任意整理を利用する場合にはあらかじめしっかりとデメリットも把握して利用することが大事だと思います。

 

デメリットを知らないと手続き後に後悔する可能性があるので、メリットよりもデメリットの把握が重要だと考えます。

 

任意整理のデメリット
  • 借金の元本を大幅に減らすのは難しい
  • 無職無収入や生活保護受給だと利用できない
  • 依頼する弁護士や司法書士の手腕が影響する

 

任意整理のある意味では最大のデメリットというべきことは、他の債務整理に方法と比べて借金の減額幅が小さいということです。任意整理では借金の利息を免除することはできますが、借金の元本を減らすのは難しいと思ったほうがいいでです。

 

また任意整理は自己破産とは違って、手続き後に残った借金を返済する必要があるので、無職無収入だったり生活保護を受給しているような方の利用は難しいです。任意整理後に残った借金を返済できるだけの余力がないと債権者との交渉は難しいからです。

 

さらに任意整理は裁判所が仲介しない債務整理方法なので、手続きをする弁護士や司法書士の手腕が非常に重要になってきます。任意整理に慣れている弁護士や司法書士なら有利な条件で和解できる可能性がありますが、逆に任意整理に慣れてない事務所に依頼すると、債権者と合意できずに任意整理が失敗する可能性があります。

依頼費用の安さで事務所を選ぶと失敗するかも

任意整理注意点

 

任意整理を含めた債務整理を方法を弁護士や司法書士に依頼する場合に、依頼費用の安い事務所にターゲットを絞って依頼しようとする方は多いです。

 

任意整理などの債務整理手続きを利用する方の多くは借金問題を抱えているから任意整理などを利用するので、できるだけ弁護士や司法書士の依頼費用を安く抑えたいと考えるのは当然だと思いますが、単純に依頼費用が安いということで弁護士や司法書士を選ぶと失敗する可能性があります。

 

利用者としては依頼費用が安い方が嬉しいですが、こういった利用者の心理を利用して悪さをする人もいます。具体的には依頼費用の安さで客を集めて、着手金だけを得て手続きしないという詐欺のような事務所もあります。

 

また任意整理などの債務整理経験が乏しい弁護士や司法書士が、手続き経験を増やすために依頼費用を安くして依頼を受けているということも考えられます。手続きに慣れている事務所なら極端に依頼費用を安くする必要はないです。

 

個人再生や自己破産なら、経験が浅くても手続きが成功すれば問題はないですが、任意整理は交渉によって返済条件が変わる債務整理方法なので、手続きを行う弁護士や司法書士の手腕がダイレクトに反映されます。

 

そのため任意整理に慣れてない事務所に依頼すると、依頼費用の見合わないような成果しかでなかったり、最悪の場合には任意整理に失敗するということが起こる可能性があります。

 

任意整理は裁判所が仲介しない債務整理方法なので、弁護士や司法書士の手腕が頼りの手続き方法です。そのため単純に依頼費用が安いということで経験や実績を確認せずに依頼すると後悔する可能性があるので注意しましょう。

任意整理をするなら無料相談から話を聞こう!

任意整理無料相談

 

任意整理を利用するならあらかじめ弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用して、任意整理に関するメリットやデメリットなどの詳しい説明を受けてから利用するかどうか決めるといいと思います。

 

任意整理に関しては手続き経験が豊富な事務所なのかということが非常に重要になってきますが、無料相談をどのように対応しているのかなどによって、その事務所が任意整理などの債務整理手続きに力を入れているのかどうかがある程度わかってきます。

 

無料相談をしっかりと行っていて、相談受付の専用のWEBページなどがある事務所は債務整理案件に力を入れていると思っていいと思います。また無料相談を利用してみて、事務所から的確な回答があるかどうかも参考になると思います。

 

当サイトでは任意整理を含めた債務整理手続きに慣れている弁護士事務所や司法書士事務所を集めています。

 

メールや電話による無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所を載せているので参考になると思います。事務所に出向かなくても空いている時間に気軽に相談できるので、相談先で悩んでいるなら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
レイクアルサ
アイフル
SMBCモビット
ジェイスコア